<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -


ash.




















いつも同じ車でシティホテルに向かう。首都の幹線道路はパニックする魂で混雑したままだ。放射熱にゆがんだラジオは子ども達の大量自殺を実況している。きっとマイクロソフトの陰謀に気づいたのだろう。君はどこでありふれた爆弾マニアをみつけたんだい?テロ見物客の引けたホテルのカウンターにポーターはいない。スウィートルームに新しいキャリアが待っている。グラスを落とすとあつらえのマスクが剥げる時だ。こうしてまた安っぽいロジックと防護服に身を包んだ痙攣によって蔓延するレトロウィルスのことなど忘れてしまう。窓の向こうでガソリンを強奪するバイカーたちが殺す濁音と犯す悲鳴で爆笑してる。君は終末のポーチで誰と寝てる?








カタストロフィ・・・・・・


      人々は望むものを悲劇的に願い、

    人々は人々の顔を知らない、

        言葉は同じ言葉に収束されて、   

     カミソリへと仕向ける仕草を鏡に向かって繰り返す。

あなたは彼や彼女を使い捨てて、

        彼や彼女に似た誰かへと向かう。

             繰り返す物語に嘔吐しながら、

   そしてあなたはあなたの求めるすべてに憎悪するから。   








合衆国大統領は正常位しかやらないとスクープしたホモのDJが吊るし上げられた高層ビルに左派ピューリタンの仕業で尻の穴をジャックされた搭乗員のステルスが激突炎上する。テレコン中毒のママはデカいおっぱい欲しさに一人娘をアラブの富豪のオナペットにでもとネットオークションで売り込んだ。ポン引き役のヤプーサイトにとってネオコン・スキンヘッズたちはオイシイ顧客だ。やつらに扇動された役立たずどものチームが不法入国のカラーズを毎晩なぶり殺す。老婦人の抱えたミルク瓶が床に落ちて彼女が翡翠の神に祈る頃、シティホテルで褐色の肌をむさぼりながら、君は今夜も過去もいない、僕は一度だって君の顔を見たことがあるのか・・・・?








カタストロフィ・・・・・・


   彼は彼女に夢みられた世界をロッヂで待ち続ける。

    少年は古い指紋を懐かしみ少女は新しい誘惑にドレスが湿る

    混乱した鋪道の上で衝突する幾つかの人生は命がけで

       僕はあまりにも多くの顔のことをいらないと思う。

あなたは時々立ち止まってふりかえり

   彼や彼女に似た誰かの運を数え上げるだろう。

    繰り返されるしかない物語に誰かは犬死にして、

     そしてあなたはあなたの求めるすべてから生き残るから。   
                       










あなたの求めるものへ、



あなたは求めたものに、



あなたの求めるものから、


あなたを求めたものが。




















22:27 | poetry | comments(5) | trackbacks(140)


真夜中のヴィジョン











告げられたとおりの5つの言葉を囁いて







目隠しを解いて  外気に触れると















なけなしの思いは 







地下鉄に飛び乗って男とともに7個目の駅の街の夜で階段を駆け上がって行方をくらますから   









もう探しようがない

























名前のないカップルが 名づけあってから  屋上で名前のないシュレッダーで裁断される











暗がりの中だと  通りすがるみんなの顔が綺麗だね  だなんて、







そんなあなたも  キャラメル か 誰かのハードディスク で 見えなくなったよ。

























子供達を地下鉄の通路の闇にシェルターを作って一人ずつ守りながら、































あたしは 際限もなく沸き起こる哀しい衝動に    告げられた5つの言葉  すりきらして、



























考えてる・・・・・・・・































真夜中のヴィジョン・・・・・・・・・・・・・・・。






























09:43 | poetry | comments(1) | trackbacks(1)


福岡県・28歳独身・マキコ








風呂に入ったら、



まず盲腸の洗浄から始める。










盲腸を洗うのが止められない。










きっと盲腸の中に隠している言ってはならない事柄の残高が気になってしかたない。





















21:53 | poetry | comments(1) | trackbacks(0)


階 段





階段は



混んでいる









階段を    昇る人と



階段を    降りる人。

























わたしは




階段にいる。

























階段は



3時間前から  わたしがいるはずである。





































そのうち   クリック音がして









わたしも


階段も



         閉じる










stairs









00:18 | poetry | comments(1) | trackbacks(0)


MR.ヘゲモニーの外科手術

右からも左からもやってくる。


もう死んじゃってる君を殺す言葉がやってくる。





物語を欲する君の目の前を、物語オナニスト・オーナーが棍棒持って殺戮だ。。






さあて、次は誰がスパイだろう。


はてさて、今度は誰が血祭りに会うのだろう。








無責任劇場時代の、ほんの陰謀小芝居。


芝居小屋に閉じ込められたみんなは、政治的げーじゅつ家の見世物に釘付けだ。


真夜中が作られて、マシンガンは背中の方からダダダダダダダ!!!!!!








負け犬は噛ませ犬が大好きで、



負け組隊長は裏切り者について今夜も話して聞かせてくれるさ。









おらおらおらおら、バリケードがみんなを隔離する。



うりゃうりゃうりゃうりゃ、化け物のクソ実験はみんなの絶望を灰にする。



ファンキーな妄想作家と、ジャンキーなTVエイジ



ファッカーのドラマから逃げられないみんなが、ショッカーみたいにバタバタ血を吐く。










貴様が頭が悪いとほざいたクソどもを、貴様はいつからゲストにしやがったんだい?












俺は逃げるさ、逃げろや逃げろ。


政治中毒のパパとママ、完全武装でスワップ夢中。










昨日のファシスト、今日のトロツキスト。









おいらの墓碑銘、吹けば飛ぶ。









hegemony









00:07 | poetry | comments(7) | trackbacks(1)


僕らが午前三時の粛清のニュースだった。












 、
「一
匹」


























て、






















す。


















 、




 、
























 、



































す。









03:05 | poetry | comments(1) | trackbacks(0)