<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 書評 『最後の物たちの国で」−喪失していく未来から届いた20世紀の追憶 | TOP | 映画評 『太陽を盗んだ男』 − 黙示録の時代に表象される人々の孤独 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -


真夜中のヴィジョン











告げられたとおりの5つの言葉を囁いて







目隠しを解いて  外気に触れると















なけなしの思いは 







地下鉄に飛び乗って男とともに7個目の駅の街の夜で階段を駆け上がって行方をくらますから   









もう探しようがない

























名前のないカップルが 名づけあってから  屋上で名前のないシュレッダーで裁断される











暗がりの中だと  通りすがるみんなの顔が綺麗だね  だなんて、







そんなあなたも  キャラメル か 誰かのハードディスク で 見えなくなったよ。

























子供達を地下鉄の通路の闇にシェルターを作って一人ずつ守りながら、































あたしは 際限もなく沸き起こる哀しい衝動に    告げられた5つの言葉  すりきらして、



























考えてる・・・・・・・・































真夜中のヴィジョン・・・・・・・・・・・・・・・。






























09:43 | poetry | comments(1) | trackbacks(1)


スポンサーサイト
09:43 | - | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/23 6:56 AM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://frenchjuice.jugem.jp/trackback/17
トラックバック
2005/12/14 2:50 PM
「T.N.君の日記」のコメント欄で盛り上がったことをちょっとまとめ。コメントして頂いた皆様からの刺激を受けつつ、あくまでわし個人の見解。新自由主義チックで生活に直結するテーマのみ扱う。国防、歴史、思想は扱わない。 生活をテーマにするのは、一番切迫感があり
玄耕庵日乗