<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブログに「書かれざる言葉」 | TOP | テサロニケ氏の「反小泉」政治デザイン・その負のスパイラル >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -


MR.ヘゲモニーの外科手術

右からも左からもやってくる。


もう死んじゃってる君を殺す言葉がやってくる。





物語を欲する君の目の前を、物語オナニスト・オーナーが棍棒持って殺戮だ。。






さあて、次は誰がスパイだろう。


はてさて、今度は誰が血祭りに会うのだろう。








無責任劇場時代の、ほんの陰謀小芝居。


芝居小屋に閉じ込められたみんなは、政治的げーじゅつ家の見世物に釘付けだ。


真夜中が作られて、マシンガンは背中の方からダダダダダダダ!!!!!!








負け犬は噛ませ犬が大好きで、



負け組隊長は裏切り者について今夜も話して聞かせてくれるさ。









おらおらおらおら、バリケードがみんなを隔離する。



うりゃうりゃうりゃうりゃ、化け物のクソ実験はみんなの絶望を灰にする。



ファンキーな妄想作家と、ジャンキーなTVエイジ



ファッカーのドラマから逃げられないみんなが、ショッカーみたいにバタバタ血を吐く。










貴様が頭が悪いとほざいたクソどもを、貴様はいつからゲストにしやがったんだい?












俺は逃げるさ、逃げろや逃げろ。


政治中毒のパパとママ、完全武装でスワップ夢中。










昨日のファシスト、今日のトロツキスト。









おいらの墓碑銘、吹けば飛ぶ。









hegemony









00:07 | poetry | comments(7) | trackbacks(1)


スポンサーサイト
00:07 | - | - | -
コメント
分かる人には分かるが、そうでない人にはさっぱりという詩ですね。分かる人に分かればいいというスタンスなんでしょうが・・・

少なくとも、私には分かりましたよ(と思う)。
2005/11/12 9:30 PM by Looper
Looperさん、コメントありがとうございます。

こういうものを書くとわたしに対して共感的スタンスを取ってくださっている数少ない人たちにすら「なんなんだ」的に誤解される露悪趣味にしかならないかもしれません。

でも人に説明する作業にほとほと疲れてしまいましたし、もともとわたしがそういうことに下手なだけかもしれません。

なおTBさせて頂いた「そぞろ日記」さまのコメント欄に、抽象的ではありますが詩の創作意図を書かせていただきました。
2005/11/12 9:45 PM by 9
うず巻9号さんどもです〜。
私にも伝わったと思います。
わかってくれないかなぁ。わかんねぇだろうなぁ。
感性の問題にしたくないけど(^^;)
2005/11/12 10:07 PM by miyau
> でも人に説明する作業にほとほと疲れてしまいましたし

いやー、身に詰まされるなー。私も、公私共に、「どうしてこんな簡単な、自明な事が分からないんだー!」と憤慨し、虚無感に囚われることはよくあります。

でもそこで諦めたら終わりですから、気長にぼちぼちやりませんか?#9さんの文章、十分鋭いですよ。
2005/11/12 10:24 PM by Looper
miyauさん、コメントありがとうございます。それと、miyauさんのところのコメント欄で説明させて頂いてお世話になります。

とっちらかったものでもいいから、普通の言葉で書いてみようかなとも思うんですよ。

それなりにテサロニケさんが教えてくれたことってあると思うし。

同盟員じゃないから何を書いても誰にも迷惑にならないですしね。

でも、文章下手だなあとこの頃思います、自分に。

2005/11/12 10:26 PM by 9
Looperさん、さっそく励まし、ありがとうございます(笑

党派的人間には何を言っても無駄かもしれません。

でも心情に突き動かされた人々にはまだまだ伝えられることはあるかもしれません。

それに、しょせん、書くことって全て失敗作と思えば何でもいいしなあ。。。(苦笑
2005/11/12 10:29 PM by 9
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/20 12:21 PM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://frenchjuice.jugem.jp/trackback/7
トラックバック
2005/11/12 1:38 AM
おそらく人間が生き物として生きていくうえで不可欠な感情。だが、感情はあらゆる人の
そぞろ日記