<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< MR.ヘゲモニーの外科手術 | TOP | 映画評 『汚れた血』  疾走する愛が夢見た未来 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -


テサロニケ氏の「反小泉」政治デザイン・その負のスパイラル



反小泉ブロガー同盟の現状とその発起人テサロニケ氏について、いささかとっちらかったものしか書けないが、わたしの考えを少しここにまとめておこうと思う。


もともとわたしの政治的スタンスは小泉政権の個別的政策にほとんどの意味で批判的な考えをもっている。

だが、わたしは反小泉ブロガー同盟と言うものに対して、シンパシーを持っていなかった。

そんなわたしにもT.N君の日記さんからブロガー同盟のTBセンターの構想の提案についてTBを頂いたりした。また、そちらのコメント欄において同盟員でもないわたしが提案したことについて、一人の同盟員の方から「同盟の外部も内部もないから」という趣旨の暖かい共感的コメントを送って下さったこともあった。


今回、そのTBセンター構想が事実上中止になってしまったらしい。


わたしはこのTBセンター構想に「まった」をかけたテサロニケ氏の声明を読んだのだが、これには少なからず違和感を感じる。

同じように疑問を感じられた方もいて、それぞれに意見を表明しておられる。



わたしに言わせれば、テサロニケ氏は現実の小泉政権打倒の運動からもはや遠ざかってしまって、今では「反小泉」という自らが呼びかけた一つの流れの中で、様々な「敵」をターゲットする「物語」に膠着してしまっているような気がする。

今回のTBセンター中止の声明にもその「物語」はまるでリアルな事柄であるかのように語られる。その「敵」とは、いわく、「外からのブロガー同盟攻撃」「内部撹乱目的のTB」「共産党系の関係者」「組織乗っ取り」などなどということのようだ。

冷静に頭を冷やしてみれば分かるが、たとえテサロニケ氏に批判的な意見の持ち主から生まれたアイデアであれ、運動を発展させる流れに水を差すのは不可解であり、そもそも批判的意見を全く封殺すれば、同盟内にテサロニケ氏に対してイエスマンのブロガーしか残らない。

そしてなによりテサロニケ氏にとっての「敵」に対するこのラベリングの数々。「内部撹乱目的」などというのはほとんど妄想じみた政治芝居のようであるが、つい先日無党派層をターゲットにした政治運動をやると公言した人間が、反対意見論者を十派一絡げに「ブロガー同盟攻撃」などとラベリングするような党派的拘泥に明け暮れて、いったい誰に対して何を訴えかけようとしているのかと言うことだ。



そもそもわたしは議会選挙で信任された直後、全権委任が発動されたわけでもないのに「STOP THE KOIZUMI」と唱えて「ファシズム」と規定し、議会制民主主義を否定するかのような民意に逆行した運動に懐疑的だったし、ポスト小泉的ビジョンが同盟運動の中に抽象的にしか見出せないことは、ただのアンチでしかないと思っていた。なにより、例の小泉氏の顔に×印を入れたりするバナーに表された、一人の人格を持った人間を否定するかのようなシンボルに最初から嫌悪感を抱いたし、その旗を振るテサロニケ氏の文章が「幕末」や「三島」といったものを観念的に持ち出して、多分に啓蒙的で政治的作為の演出が大仰だと思っていた。


「改革ファシズム」「新自由主義」とレッテルを貼るが、規定に厳密性が求められるべきであるはずのそういった言葉のみが表層で単独に一人歩きしていく。個別的具体的に政策一つ一つを検証していく緻密な過程をすっ飛ばして、「ファシズム」「ネオリベ」と物語的に小泉政治を短絡化された文脈で語るのは、それは現実的に政治に対応しているとは言いがたい。政治をデザイン化してその色の中に受け手を信じ込ませようとする手法は本来まやかしである(いみじくもそれは、小泉総理が自らへの異論反論に対して「抵抗勢力」という言葉で政治意図的に簡略して集約させた手法と同じものである)。

小泉政権が現状において一定の支持を得ている中、テサロニケ氏は「反小泉」というデザインを作ろうとしてきたが、「反小泉」というスローガンの言葉の額面どおりそれは現状へのアンチでしかない。アンチの中でネガティヴキャンペーンの狂騒に明け暮れるものは政治的現状から遠ざかり、物語的に政治を語るしかなくなる。それが、「小泉」という外側に向かっているときは物語的高揚を生み出して一定のカタルシスを勝ち取るかもしれないが、内側に向かう時には「外からのブロガー同盟攻撃」「内部撹乱目的のTB」「共産党系の関係者」「組織乗っ取り」などという恐怖政治に使われるような言葉で排他的に人格をラベリングして、人間性を傷つける最悪の結果に向かう危険性をも秘めているわけなのである。



いまや、テサロニケ氏は「反小泉」という現実の「小泉」からは程遠いアンチの非政治的物語に深く潜行しすぎたために、政治的な言葉ばかりで事柄を解釈することに埋没しているような気がする。

テサロニケ氏が「ネット右翼」だとか「偏執的な共産党主義者」だとか「運動の内部にいる不満分子」などという言葉を吐き散らすとき、その言葉以上に対象の人格に対して誇大な仮想敵のように評価を下しているように感じるのはわたしだけだろうか。わたしには、テサロニケ氏のそういう他者へのレッテル・ラベリングが、「非国民」だとか「ユダヤ人の陰謀」だとか「権力の手先」というような響きと同列な使用意図に思えて、人間から人間性を剥奪して利己的な政治的デザインの駒としか見なさない視野狭量をそこに感じざるをえないのである。


わたしには結局のところ、「反小泉」のアンチを掲げたテサロニケ氏がアンチを現実に照らし合わない物語としてデザイン化することに執着するあまりに、もともと現実に不満を抱えた彼の支持者をも切り捨ててしまうという負の結果を生んでしまい、全てはいま、肯定的な政治を打ち出せない政治とは無縁な政治趣味の醜悪な局面に向かっているように思えてならない。



わたしはブロガー同盟のあり方そのものには批判的であっても、ブロガー同盟の個々の人々の心情を否定するつもりは全くない。むしろ、それらの人々の心情が党派的なものではなく、切羽詰ったものを抱えた人々が見受けられるからこそ、その心情を突き動かす起点を作ったテサロニケ氏の功罪の負の面の大きさに、わたしは問題定義したいのである。



「反小泉」はある時点では確かにある一定の人々に共有されうる現状認識であったはずだ。

その人々の気持ちを政治デザインとしての「反小泉」の物語に集合させたテサロニケ氏には、人々を突き動かした功績とともにその責任が同時に発生しているのである。

少なくとも「反小泉」を運動としてやるのであれば、数多くの人々に共有されるべき現実的な発想でなければならず、テサロニケ氏のみに語られる独演上でテサロニケ氏に指導されるような教条主義じみた唯我的思想ではないはずだ。


それをいま、テサロニケ氏は、個々の突き動かされた心情の存在を置き残したまま、己の「反小泉」政治デザインにただ一人耽溺しきったまま、アンチの非政治的ドラマをただ一人演出しつつ、その負のスパイラルに周囲の人々をも巻き込もうとしてしまっている。
















00:09 | politic | comments(18) | trackbacks(7)


スポンサーサイト
00:09 | - | - | -
コメント
よかったね。
ストップザコイズミが混乱して。

あんたのせいだよ。

2005/11/13 8:09 AM by このあほう。
もちろんあんたの言いたいこともわかるけどさ。
なんでそんなにテサロニケさんに完璧を求めるのかねー。
個人サイトでしょ?
社団法人でもないし公の機関でもないしさ。

どっかのバカが小泉とテサロニケさんを比較してたけどさ。
どうして公人と私人を同じレベルで論じるわけ?
総理大臣は個人レベル並みの責任しか持ってないのかね。
この国は。

あらしじゃないからさ。また来くるね。





2005/11/13 9:11 AM by このあほう。
魅力が感じなくなったことから
該当ブログへしばらく足を運ぶことはなかったのですが…
発信を続けるかぎり噂は絶えないものでしょうか。

>政治的な言葉ばかりで事柄を解釈することに埋没している

以前から彼の文章はそういう傾向にありましたね。
テサ氏にはブロガー同志をまとめ上げる手腕が無いものと見受けられます。
同盟設立当初からワンマンショーでしたし、現在でも(といっても1ヶ月程度か)
相変わらずがゆえに内部の混乱を招いているものかと。

テサ氏はいちど司会の立場を降りて運営を同志達に託し、
コメンテーターとして手腕を発揮したほうが同盟そのものとしては
発展を早めることができるでしょうが…彼も人の子、
そう易々と自身の掲げた看板を同志にさえ譲ることはできないのでしょうね(笑)
2005/11/13 9:29 AM by ayataka
小泉首相に不満な立場な人も少なくない訳ですが
そんな人の心を引きつけるには相当なものが必要
なのは明らかにも関わらずテサロニケの言うことは
別に親小泉な人で無くても「我田引水」というものでしょう。
「俺の言うことを聞け!」と言われても素直に聞く程
お人好しは滅多に居ますまい。論理的整合性と利害一致
などがあって初めて他人は動くものと思うのですがね?
2005/11/13 10:47 AM by abusan
こんにちは、「謎の人物」様(笑)

あの、共産党の「乗っ取り陰謀説」には大笑いしてしまいました。
2005/11/13 7:49 PM by Looper
どうもです。

今回の件は運動を大きくするために必要だからなのか…でもそのために玄耕庵さんが自らのエントリをざっくり削除したことで痛々しくてなんだか涙がでそうになっちまいました。きっとすごく辛かっただろうな。

うず巻9号さんが謎ですか…
ちゃんとプロフィールから昔のブログを見るとそこまで謎にも思えないと思うのですが。自分の考えていることをこれだけ曝け出しているのだから。露悪的なところは損するからやめときーと思いはしますが(笑)。
共産党の乗っ取りねぇ。あちゃこちゃ覗いてもそういう文脈にはうけとれんですがね。素直にごめんねとか言ってて寧ろ爽やかじゃん共産党員(笑)。←こういうこと書くとまた敏感になるのかなぁ扱いづらいなぁ。
kanameとかいう人に神経質になるあまり、関係ない諸氏の心をざっくり…。反対意見と謀略の区別を付ける訓練を積まないと大変ですよ。ここのくらいはどうってことない。
却って妙になれなれしい人のほうが危険かなと思う疑り深い私であります。
2005/11/13 9:32 PM by miyau
みなさん、コメントありがとうございます。


>このあほうさんへ

もし仮に「小泉さんのせいで」ブロガー同盟が弾圧されたら精一杯のエンドースメントを送らせて頂きます。

「ブロガー同盟の旗振り役」であるテサロニケさんに批判を送っているんです。「ブロガー同盟」って公に向かってなかったんでしょうか。



>ayatakaさんへ

テサロニケさんが同盟員の自主性に委ねられないとお考えならば、彼はきっとよほど自分のデザインに自信があるのでしょうか。

わたしもあんまり足を運ばなくなってました。
わたしに関係した方の善意に関わる事柄でなければ、この記事も書かなかったでしょうし。



>abusanさんへ

テサロニケさんには文学的カリスマがあると思うのですが、それが仇花になっているところがどこかの首都の都知事に似てますね。

論理的整合性よりも辻褄合わせに終始されることには遺憾なものです。



>Looperさんへ

外からの驚異でしか内側の結束を保てないのは、戦中の日本の断末魔に酷似していますね。

もっともブロガー同盟員さんもテサロニケさんに関係なくマイペースに「反小泉」されてる方も多いですが。



>miyauさんへ

玄耕庵さんには個人的に温かいお言葉をかけてくださっていただけに、あの方がご自分を責められているのを見るのは忍びないです。。。。

なんか、テサロニケさんの言説に「戦時下の日本」とか「連合赤軍」に近似した無用な険しさを感じてしまうのはわたしだけでしょうか。

>妙になれなれしい人のほうが危険かなと思う疑り深い私であります。

わたしはすっぱり嫌われちゃっているんですが、ブロガー同盟内の局部的親和性とのギャップゆえに、それにはかなり同意しますね。


2005/11/14 1:04 AM by 9
確かに連合赤軍って感じですね。戦時下の日本はイメージできないですが。
自己主張の押し付けじゃなくて意見の集約でないと
運動は広がらないと思うんですけどね。
この辺、市民運動なんかが突き当たる壁ですね。
右に染まる前の小林よしのりの本で、薬害エイズに関する内容の
ものを以前読んだんですけど、運動って結局こういう感じになるみたいです。

迷走の果ては一体どこに行くんでしょうか。
そもそもこの人に志はあったのかという疑問も出てきてます。
単なる評論家なのに影響力があると勘違いしちゃってるだけのような。
2005/11/14 3:17 AM by xxpp
公じゃないブログなんてあんの?
公人と私人の意味も理解できてないんじゃないの?
あんたがテサロニケさんを批判する理由は、
テサロニケさんが欠点だらけで知識も不十分で人間性にも問題がるにもかかわらずそのことを、同盟してる人間が気づいてないことに対してなんじゃないの?
自分は頭がいいと言いたいわけでしょ?(笑)
こんなにひどい人間を支持するなと言いたいわけでしょ(大爆笑)
そうじゃなくってさ。
テサロニケさんの勇気ある行動に支持してるんじゃないの?
あんたみたいにチョロチョロ批判ばっかりしてる人間よりテサロニケさんを選んだってことじゃないの?
2005/11/14 7:33 AM by このあほう。
xxppさん、このあほうさん、コメントありがとうございます。


>xxppさま

テサロニケ氏に志が高いのは分かるんですが、それを「武士道」だとか「三国志」で語ることよりも、「じゃあいったいなにをするのか」というのが全然分かりません。

アンチの集約はできているようですが小泉政権に対する代替案を集約しようとする気があるのかと思ったりもします。



>このあほうさん

公であるならばそれは市民運動で、批判を拒絶する組織は弱体化するかファシズムを選ぶかどちらかに至るということわけなんですね。

2005/11/14 10:12 AM by 9
まぁテサロニケ氏があそこまで過敏な反応見せるのも納得行く部分はあるんですけどね

>ネット右翼がこのブログに毎日毎晩スパムTBを叩き込むのも、彼らは素振りとしては冗談半分のふざけごっこを偽装していますが、本当は決してそうではなく、この政治運動を見て危機感を感じ、小さな芽のうちに潰してしまおうと必死になっているからだろうと思います。

この辺りはgoriの変わり様を見れば明らか
ネット上では、世耕ホロン部よりgoriへ指令が下ったというのが専らの通説ですから(笑)
2005/11/15 5:17 PM by nanami
nanamiさん、コメントありがとうございます。

わたしは通説というのを存じ上げていないのですが、テサロニケ氏がネット右翼に過敏すぎるなあとは思います。

2005/11/15 7:50 PM by 9
このあほうさん

勇気ある行為をしても人心を十分掌握できない人が
小泉なる怪物に勝てる道理はありませんがね。
私だったらテサロニケは放っておいて新たな
リーダーを選ぶか、自分たちでやりますね。

「小泉の法則」は中途半端ではありませんからね。
ツキまくり人物の攻略は至難の業と心得られますように。
2005/11/16 1:44 AM by abusan
同盟の行方を見ている匿名希望です。あまりにひどいので吐かせてください。

正直、同盟に対して各メンバーは何の義務も負っていないのに、どうも何かの義務を負わされている気分になる。

何か言うとトラックバック削除という「懲罰」を受ける気がする。何かすると除名されるのではないかという気分になる。仕事でもなんでもないのに。

あの人は上司でもなんでもないのに、何か言うと「大義が大事なのだから黙っていろ」という「脅し」もはいる。「がんばっている優しい人たち」の中には除名された人たちは入っていないらしい。

本来、こういう理不尽な暴力にNOと言いたいだけで、「同盟」が大事なわけではないのに。

共産党云々もあそこで勝手に決めたこと。誰も協力するなんて言っていない。

2chとあそこのサイト名で検索をかけても、現状そんなに攻撃されているとは思えない。

弱い人は声の大きい人の妄想に巻き込まれやすい。が、彼女が他者の言論の自由を否定して「余計なことを言うな」と恫喝をかけたのは見ていてショックだった。やっていることがよくわかっていないのかもしれないけど、病気の人に気を使えないほどだったら、こんな運動なんて意味がないと思う。

おわり。ご迷惑なら削除してください。
2005/11/16 2:14 PM by 匿名希望
abusanさん、匿名希望さん、コメントありがとうございます。


>abusanさん

コメントの質からして、このあほうさんの言動はブロガー同盟の中でも少数的リアクションと思われますが、小泉首相が史上最強のツキまくり総理であることは誰も否めないようですね。。。


>匿名希望さん

なにやら最近のテサロニケさんはフロムにそってファシズムを解読すると言いながら、相変わらずその一歩手前の小手先論に囚われがちだとわたしは思うのですが、「反小泉」がアンチに終始して代替案を示さないままであるならば、小泉新自由主義無責任内閣は年金も税制改革も本質的なものをうっちゃってそのまんま任期終了するものと思われます。
2005/11/16 9:44 PM by 9
この話題続いてますね。
私がネット右翼だったとしたら、今回の撹乱は大成功とほくそえんでしまったことでしょう。
TBをいっぱい送っただけで、リーダーが慌ててしまって内部を疑って疑心暗鬼に陥り、自分に批判的なことを言う人をあれは共産党の云々…で「スパイ(?)」として排除。もう少し冷静に判断していただきたかったのですが、ご自身の偏見を曝してしまっただけのように見受けられたことがつくづく残念です。
巻き込まれた人や近くで観ていた人が引いてしまって、ご自身の信用を下げてしまっている。いま小泉的なるものに対抗するにはたとえそれが右翼であろうと共産党であろうと手を結ぶ以外にないと思っていたので。

階段カチッと。
2005/11/16 10:45 PM by miyau
miyauさん、コメントありがとうございます。

わたしとしてはどうも書き手の主張とは別にエントリーが一人歩きして勝手に別の意味を持ってしまっているような気がしてなりません。。。。
テサロニケ氏に関しては、「ニクソンが訪中したのに新左翼運動なんかしてどーすんだよ」みたいな方向性に走ってるような気がするんですが。
いずれにしてもブロガー同盟は小泉なるものと言うより新自由主義的政策への対抗軸としての代替提案をする緩やかなアナキスト的連帯、という姿を勝手に外野は望んだりしているんですが、テサロニケ氏はあくまで英雄主義に拘りたいようですね。
2005/11/17 12:10 AM by 9
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/20 9:12 AM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://frenchjuice.jugem.jp/trackback/8
トラックバック
2005/11/13 12:43 AM
感情が昂ぶっているのを抑えられず、こんな深夜にブログを更新します。 少なからず憤りを感じてもいます。 私がこれほど、自分の記事を人に読んで欲しいと感じたのは初めてかも知れません。それがこういった内容になってしまうのは、大変残念ですが…… 自分からした
珈琲党の呟き
トラックバック
2005/11/13 12:50 AM
ここ数日のあいだ私の愛読する人気ブログ「世に倦む日々」ではthessalonike2氏が日本共産党の「党名変更」「路線変更」を求めて力強くアピールを続けていた。 残念ながら、というかなんというか、私はほとんど共産党に興味がないので(立花隆「日本共産党の研究」を読ん
玄倉川の岸辺
トラックバック
2005/11/13 2:38 AM
玄倉川様のエントリーさえ無かったら無視していた「事件」であります。 玄倉川の岸辺 「んと来い、批判トラックバック」 http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/17eaa8b42721e194e18326749688fcc2 にトラックバックされてた自虐時間#9エントリー(うず巻9号氏の
Absenteの酔いどれblog
トラックバック
2005/11/14 10:08 AM
 ここ数日のブロガー同盟周辺の動きの外郭を、なんとなく把握できました。  いつも興味深く且つ楽しく拝見しながら、TBやコメントでも交流させて頂いていたブログが、今回のことで同盟からの脱退を表明されたりしていて、正直、残念さや寂しさに近い感情も抱きますが
北京でライフォ(≠2nd)!
トラックバック
2005/11/15 12:31 AM
■小泉政権終了まであと何日?  自民党内部の話しになりますが、小泉総裁の任期は(一応)来年の九月までとなっています。本人も任期延長は考えていないようですので、このままいけば来年の九月で小泉氏は自民党総裁と日本国の首相の地位から退くことになりますね。  
時事ブログ「グースの勿忘草」
トラックバック
2005/11/29 2:43 PM
西村真悟への国策捜査、検察の真の狙いは?、「ネット右翼監視所」には日本語が通じないらしい。、西村議員逮捕の波及、………の続きです。 「ネット右翼監視所」から反論があった。が、反論になってない。反論できないからか具体論が一つも書いてない。赤カラーに
サブカル「天」論 〜調整中〜
トラックバック
2005/12/09 10:26 PM
ずいぶん前のことになる、どんなエントリーだったかも忘れてしまったが、世に倦む日日http://critic2.exblog.jp/ を見て妙な嫌悪感を感じたことがある。 FREE SPEECH─「自由な言論」は何処にある?http://takeyama.jugem.cc/はメーリングリストにも参加して気に入って
+++ PPFV BLOG +++